私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


私立医学部 留年の恐怖

私立医学部は留年の恐怖との闘い

 

留年でかかるお金

 

医学に合格をして新たに医学部生になった皆様,おめでとうございます。とくに,私立医学部に進学をさせた親御様にはおめでとうございますという言葉はもちろんですが,これからの経済的なことをどう乗り越えていこうかともしかしたらお考えのことかと思います。すこしでもご参考になればと思います。

 

早々に留年の話で恐縮です。

 

すぐにわかることですが私立医学部で留年をすると,卒業までに1年分の学納金が余分にかかります。学校によって違いますが,平均をすると約500万円でというところでしょうか。国公立の場合は80万円程度ですので,私立医学部生にとって留年することは経済的に大きなダメージを受けることになります。もちろん,学費を払うのは親なので,親にとっても留年は恐怖です。何があっても留年はしないで,順調に最短の6年間で卒業をしてもらいたいものです。

 

医学部の留年の仕組み

 

他の学部に比べて医学部の授業は選択の自由がありません。専門の科目はほぼすべてが必修科目です。他の学部では3分の1程度が必修で,そのほかは選択科目になっているようですが,医学部では,同学年の学生が毎日同じメンバーでそろって同じ授業を受けることになります。また,授業の拘束時間も長く,数もまるで高校の授業並みにあります。実習の場合は,午後から始めるのが一般的なようですが,深夜までかかるものが多数あると聞きます。ここだけでもハードなのですが,定期試験のほかにも授業の節目には試験があり,また,実習にはレポートがつきもののようです。遊んでいる暇があったら,勉強をしていたいというのが医学生の本音のようです。もちろんメリハリをつけ,余裕ができた時には大いに遊ぶこともできるようです。

 

さて,ほぼすべてが必修科目ということは卒業までにすべての単位をもれなく取らなければいけないというのが,一般的な大学での履修方法だと思います。ですが,医学部では違い,非常に厳しい習得ををしないといけません。その学年に配置された専門必修科目をその学年ですべて取得できないと進級できません。一つでも不合格になるともう一年その科目だけを履修するためにやりなおします。つまり,一つでも不合格科目があると留年ということになります。

 

医学部留年生の苦痛と退学

 

医学部の留年の仕組みは非常に厳しいものです。平均的にいい成績を収めていても,一つでも運悪く不合格になると留年ということになります。普段はまじめで,成績もよさそうなのに,なんで,あの人が留年なんだろうということも多々あるようです。もちろん,普段から,授業に出席しない怠けている学生もいますが,これは,覚悟もできているでしょうし自業自得ということで納得ができると思います。もちろん親としては,1年間の学費を余分に出すので全く納得はできません。

 

留年となってしまった場合,新学年のスタートは丁度この時期です。それまで後輩だったクラスの中に入ることになります。後輩のクラスではすでにコミュニティーが後輩同士で出来上がっていますので,この中に入っていくのは相当苦痛になります。留年生同士で固まるのは何ともばつが悪く,その結果,留年生は孤立をしてしまうことが多くあります。孤立は退学へ直結します。なんとしても留年は避けたいものです。

 

留年の実際

 

医学部では,2年から3年,4年から5年,6年から卒業,これらの年度で留年が多く発生するといいます。2年では専門基礎,解剖などの実習があり,受講科目が多くいくら時間があっても足りないというくらいに勉強をします。1年生は比較的楽で,そのペースでいてギアチェンジができないと大変なことになります。卒業生に聞くと2年生が一番大変だったということをよく言います。

 

5年生からは医療機関に実際に行って,実習が始まります。4年生までの間に必要な知識,スキルなどをすべて身につける必要があり,そのためこれまでの専門科目のすべてについて見極め試験があります。CBTとよばれる共通試験も基準点をクリアしなければなりません。

 

6年生国家試験前には卒業試験があります。卒業試験は総まとめです。この試験に合格して卒業見込みにならないと国家試験を受験できません。よく言われているようですが,国家試験の合格率をよく見せようとして,国家試験に合格できそうもない下位の学生を卒業試験で振り分けて受験させないようにするということもあるかもしれません。ほんとかどうかはよくわかりません。

 

留年数は2年から3年で10-20名,4年から5年で10名程度。卒業時に10-20名程度という数が多いようです。ですが,その他の学年でも10-20名程度該当することもあり,各大学で,また,各年度でバラバラです。いずれにしても非常に高い確率で留年は発生します。私立医学部に進学をさせた親としては常にハラハラです。

 

私立医学部に進学した学生の皆さんは,学生生活を楽しみ,医師になる夢を膨らませる一方で。一生懸命に勉学に励み留年などしないように心掛けていただければと思います。