私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


医学部予備校

親としては予備校の準備も

 

予備校の比較

 

国公立の前期日程が終わり,6日から始まる合格発表を待つ時期になりました。私立医学部では主な入試が終了,補欠繰上合格候補者は各校から繰上の連絡を首を長くして待っている頃かと思います。正規合格者の入学手続締切直後の繰上はほぼ一巡し,国公立の合格発表直後の繰上に注目が集まっていることと思います。

 

国公立に合格をした場合,親としては大満足のことと思います。私立に進学を決める場合はやはりお金の問題が大きいことかと思います。各金融機関で教育ローンの手当てをして,さらに,奨学金,自己資金で何とかすることになりそうですが,心細いことかと思います。もしかしたら,もう1年浪人をして国公立に進学してくれればなどということも考えているかもしれません。

 

世の中には裕福な家庭があって,国公立私立を問わず,医学部に入って医者になってくれればOKということもあるかと思います。でも,多くの普通の家庭では私立医学部進学は経済的に苦しく,できれば国公立にということかと思います。さて,1年浪人した場合の予備校の費用を調べてみました。金額は代表的なコースのものを抽出しています。webで調べたものです。もしかしたら,金額が動く可能性もあるかもしれませんし,違うコースもあるかもしれません。あくまでも目安で見てください。

 

大手予備校の国公立コースで70万円から85万円です。このほかに夏期講習などの費用がかかるので,もろもろで年間100万円の出費ということでしょう。さて,1年後に国公立に合格できれば,私立医学部の合格を辞退しても経済的には十分元がとれそうです。医師としてのスタートが1年遅れること,来年度国公立合格ができないかもしれないこと,もしかしたら,今年合格した私立にも合格できないかもしれない,そんなことを考えあわせると,親としては無理をしても私立に進学をさせてあげたくなりそうです。

 

医学部専門の予備校というところの学費は,とても高いことがわかります。その中でも私立コースは高く,私立医学部の授業料と変わらないところもあります。裕福な家庭を対象にしているのかとも思います。あるいは,どうしても医師になりたくて高額の授業料を将来への投資と考えているのかもしれません。それだけ,医師は魅力的なのかもしれません。

 

平成28年度予備校費用 医学部コース web調べ(単位円)

  入学金 年間授業料 その他  
駿台予備学校 100,000 750,000   スーパー私立大医系集中
  100,000 750,000   スーパー国公立医系α
河合塾 100,000 1,800,000   ハイレベル私立大医進アドバンス
  100,000 600,000   ハイパー国公立医進
メディカルラボ 100,000 4,335,000 515,000 Sラボ(私立)
  100,000 4,335,000 515,000 Kラボ(国公立)
メルリックス学院 300,000 2,040,000   私立医学部選抜コース
レクサス教育センター 300,000 1,100,000 460,000 最難関医学部選抜α
  300,000 2,340,000 1,100,000 私立医学部基礎特訓コース
メビオ 300,000 7,200,000   年間1830時間x3900円
プロメディカス 50,000 3,100,000 400,000 医学部本科コース
代官山医学部予備校 200,000 1,280,000 1,000,000 私立医学部選抜マスターコース
  200,000 800,000 800,000 国公立医学部選抜マスターコース