私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


私立医学部過去の補欠繰上合格者数

補欠繰上合格者数

 

私立医学部の補欠繰り上げ合格

 

昨年(H27年度)と一昨年(H26年度)の私立医学部入学試験の一般入試に限り補欠繰上合格者数を大学ごとに調べてみました。いくつかの場合を除き年度ごとにあまり大きな変化がないようです。今年の繰り上げ合格者数の予測にもなるかと思い掲ます。調べることができる範囲で調べました。不明の場合はーとしました。間違いもあるかもしれません。あくまでも参考程度にしてください。補欠繰上候補になっていて,果たして繰上合格になるのか,また,いつごろ繰り上がるのかということは受験生本人にとって気になることと思います。親御さんにとってはそのほかにお金の調達という大変な仕事も待っています。

 

表中に*を付けた大学は6年間の学納金の合計が3000万円未満のところです。学費の安い大学は国公立との併願も多く,また,学力的にも国公立に合格をすることのできる受験者層が集まっているようです。そのためでしょうか補欠繰上者数が大変おおくなっています。また,杏林大学も多くなっています。杏林大学は私立医学部の一般入試中で一番早く合格発表があります。少しでも早く合格を出し,その後の併願を有利に進めたということが読み取れます。併願でもっと条件のいい大学を受験しているためとも考えられます。

 

さて,私立医学部の補欠繰上ですが,大学によって繰上げ状況の把握方法が様々です。例えば,帝京大学の例でですが,一切補欠繰上候補者を出しません。合格発表で不合格になった中から,繰上合格者をだします。ですから,不合格者すべてに可能性があり,突然繰上合格の通知を受け取ることになります。

 

多くの大学の場合,合格発表の時,あるいはその直後に補欠繰上候補者が知らされます。web等で掲示される場合もあるし,該当者に文書で郵送される場合もあります。その中で繰上げ合格になるときまでなにも通知がない大学がほとんどです。この場合,受験生は補欠の繰上の順番がわかりません。掲示板等で繰上げ合格が出たらしいということはわかるのですが,くわしくはわかりません。最長で3月31日まで繰上を待つことになります。

 

大雑把に一次候補者と二次候補者に分ける場合があります。例年一次と二次の境目がちょうど繰り上げになることが多いようです。一次候補者になった場合,繰上の可能性が大いにあると思います。それから,候補者に番号を振る場合もあります。この場合は,自分が何番目にいるかということがわかるので,合格の可能性,また,そのタイミングが予測できます。受験生の掲示板で今何番まで繰り上がったというようなことも書きこまれたりします。

 

ごく少数ですが,候補者に番号を振る場合に大学のwebページに今何番まで繰り上がったということ知らせる親切なところもあります。お金を用意する親としては一番ありがたいやり方だと思います。

 

私立医学部一般入試補欠繰上合格者数 

(H27年度H26年度*は6年間の学納金が3000万円未満 ーは不明)

大学名 H27 H26
岩手医科大 80 84
独協医科大 19 35
埼玉医科大
日本大学 106 100
帝京大 127 105
東京医科大* 78 91
慈恵医大* 184 152
日本医科大*
杏林大 160 129
東京女子医大 67 57
慶応大* 40 16
順天堂大*
東邦大*
昭和大I* 220 210
聖マリアンナ医科大 141 112
北里大 174 97
東海大 74 58
金沢医科大
藤田衛生大前期 88 66
愛知医科大 92 95
関西医科大前期*
大阪医大前期
近畿大前期
兵庫医科大 75 81
川崎医科大
福岡大 43 65
久留米大 9 37