私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


医学部受験 今すること 私立医学部願書入手

私立医学部願書取り寄せは終わりましたか

 

たとえ国立志望でも私立医学部願書はそろえておきましょう 

 

私立医学部の願書締切がセンター試験の前後に集中します。考えたくないことですがセンター試験が思うようにいかず,急遽私立医学部に志望を変更することもあると思います。我が家がそうでした。失敗直後から,志望校選定のやりなおし,調査書,願書の取り寄せなど綱渡りの状況が続きました。このことと同時に,銀行に行って私立の学納金の金策などをしました。すべてが後手に回り,ミスをしてもおかしくない状況が続きました。受験生本人は試験勉強に没頭するために,手続き類は親がしました。

 

なかでも,要注意なのが願書の取り寄せです。結局入手が一番遅れたのが願書でした。ちょうど,センター試験の前後に出願の締め切りが集中しましたので,学納金の安く条件の良い医学部の受験をあきらめなければなりませんでした。こういう経験に照らし合わせて,願書だけは今の時点でそろえておいたほうがいいと思います。

 

すでにご存じのことかと思いますが,『テレメール進学サイト』を利用して一括して入手をすることができます。大学に行かないで入手することができるのでとても便利です。以前書店で探したことがあるのですがなかなか見つからず苦労をしたことがありましたが,オンラインで入手できるのは便利です。

 

オンラインで2~3日

 

テレマーク進学サイトによると申し込み後2~3日後に取り寄せができるとのことです。1校あたり1000円から1500のようです。無料のところもあります。各大学の願書を取り寄せるのにかかる費用を表にしました。あくまでに目安としてみてください。取り寄せの際は各自で十分に確認をしてください。不明と書いてあるものはテレマーク進学サイトでは見つからなかったものです。全部取り寄せると2万円とちょっとになります。これを安いとみて今のうちから取り寄せるのもおすすめかと思います。あくまでも比較の問題ですが,一校受験すると受験料は6万円以上です。高いところに入学すると4000万円,受験を工夫して少しでも安いところに合格できれば3000程度です。1000万円程度の差が出ます。

 

願書費用 サイト利用

大学名 願書(送料含)価格
岩手医科大 無料
東北医科薬科大 無料
自治医科大学 無料
独協医科大 無料
埼玉医科大 1,000
日本大学 1,200
帝京大 無料
東京医科大 1,500
慈恵医大 1,400
日本医科大 不明
杏林大 不明
東京女子医大 1,400
慶応大 1,200
順天堂大 不明
東邦大 1,300
昭和大 無料
聖マリアンナ医科大 1,400
北里大 1,000
東海大 1,200
金沢医科大 1,000
藤田保健衛生大 無料
愛知医科大 1,500
関西医科大 1,300
大阪医大 1,200
近畿大 無料
兵庫医科大 1,400
川崎医科大 1,000
産業医科大 無料
福岡大 1,000
久留米大 1,000