私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


私立医学部が割に合うのか 医師の収入

医師の収入を調べてみました

 

平成26年賃金構造基本統計調査

 

医師の年収を調べてみようとネットを調べてみました。いろいろなデータがあって,どのデータを採用するのかを迷うところです。私としては,子供が卒業して何年後にいくらの年収が見込めるのかということに興味があります。私立医学部に莫大な学納金を納めて,何年後に回収できるかということを知りたいわけです。

 

近いデータとして,平成26年賃金構造基本統計調査というものが厚生労働省によって実施されています。その中に,一般労働者-職種別というエクセルデータが掲載されています。いろいろな項目に分かれていて,ずばり年収という項目ではないですが,次のようなデータがありました。

 

職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額

 

これによると10人以上の事業規模の機関すべてに属する医師の平均は

年齢  40.8才
勤続年数 5.2年
所定内実労働時間数 161時間
超過実労働時間数 13時間
決まって支給する現金給与額  892,700円
所定内給与額  795,000円
年間賞与その他特別給与額 827,900円
労働者数 7150人

 

ここから,年収を計算すると

平均年齢40.8才 11,540,300円

ということになります。

職種・性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額 という資料には年齢別の値も掲載されています。年収について同じ計算をして,まとめてみました。

 

医師の年齢と年収

 

  年齢 勤続年数 給与額 年間賞与他 年収
医師(男) 42.0 5.3 955.4 913.3 12378.1
 25 ~ 29歳 27.6 1.4 504.2 196.1 6246.5
 30 ~ 34歳 32.4 2.5 730.4 795.5 9560.3
 35 ~ 39歳 37.3 3.1 946.9 882.7 12245.5
 40 ~ 44歳 42.7 6.2 1153.3 1047.0 14886.6
 45 ~ 49歳 46.9 6.9 1167.2 1742.6 15749
 50 ~ 54歳 52.5 8.8 1285.2 1284.8 16707.2
 55 ~ 59歳 57.5 11.5 1281.1 1002.3 16375.5
 60 ~ 64歳 62.6 17.7 1420.9 1614.6 18665.4
 65 ~ 69歳 66.9 6.4 1374.0 309.9 16797.9
 70歳~ 79.1 10.9 925.3 901.0 12004.6
医師(女) 38.0 4.8 738.3 617.5 9477.1
 25 ~ 29歳 27.9 1.6 469.7 242.7 5879.1
 30 ~ 34歳 32.5 2.7 630.2 669.0 8231.4
 35 ~ 39歳 38.0 4.4 902.0 495.1 11319.1
 40 ~ 44歳 42.0 5.0 848.0 1113.5 11289.5
 45 ~ 49歳 46.7 8.2 1038.4 1089.5 13550.3
 50 ~ 54歳 52.3 11.6 934.8 536.0 11753.6
 55 ~ 59歳 57.5 14.2 1076.6 2198.9 15118.1
 60 ~ 64歳 63.1 20.2 1048.4 1758.9 14339.7
 65 ~ 69歳 66.8 6.3 670.9 149.1 8199.9
 70歳~ 76.0 8.7 815.9 127.7 9918.5

 

 一般の大学に比べ,私立医学部に通わせるために特別に支払う学納金が2000~2500万円だと考えます。一般企業で成功した場合,33歳係長,年収700万円,40歳課長,年収1000万円のペースだと考えると,40歳までには回収は完了していることがわかります。私立医学部に行かせる意味は十分にあると思いますが,やっぱり学費を納めている間は厳しいです。