私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


私立医学部学費の出どころ 学生支援機構奨学金

私立医学部の学費には奨学金を充てる

 

私立医学部の学費を出すためには

 

私立医学部の6年間の学納金は,学校間で格差がありますが,おおよそ3500万円程度の場合が多く,これを用意しなければなりません。自宅をはなれてアパート暮らしをするのであればこのほかに生活費用が必要になりますが,この分は私立医学部に特別かかるお金ではありません。また,医学部以外に進学する場合でも大学を卒業するまでに500万円程度はかかります。そう考えると私立医学部に通わせるためには,余計に3000万円を用意すると考えればいいことになります。

 

 

3000万円の集め方

 

我が家では,2つの奨学金と銀行ローンでこの分を賄っています。学生支援機構第二種奨学金で1152万円(月額16万円),地方自治体奨学金1440万円(月額20万円),銀行の教育ローンで残りの400万円程度の構成にしています。地方自治体奨学金は卒後に指定の医療機関で一定期間働くことで免除されます。なので,負債としては1500万円程度ということになります。これならば,将来返済ができそうだという気持ちになれます。

 

 

学生支援機構奨学金

 

地方自治体奨学金と銀行の教育ローンは機会を改めて詳しく書こうと思います。ここでは学生支援機構奨学金を書きます。学生支援機構奨学金は大きく分けて第一種と第二種のふたつがあります。第一種は無利息の奨学金です。条件はいいのですが,厳しめの所得制限があり,なかなか受けることができません。第一種の限度額は月額64000円です。6年間で460万円になります。この額はちょうど銀行ローンの分と同じなので,受給できれば銀行ローンはいらないということになります。ただし,前にも書きましたが,入学手続き時に大きなお金が必要です。この時点ではまだ,奨学金は入金されないので,やはり,銀行に相談は前もって必要だと思います。

 

第二種の奨学金は在学中の利息は免除され,卒業後に利息が付きます。銀行ローンに比べての利点はここにあります。6年間の利息免除はありがたいです。利息自体は毎年変わるのですが現在のところ条件のいい銀行ローンとほぼ同等というところでしょうか。第二種は所得条件がずいぶん緩くなり,取りやすくなります。

 

最初から申し込みをすることが決まっていれば,予約採用という方法があります。これは,高校在学中に高校から申し込むものです。ただし,この時点では,国公立医学部を第一志望にしてるケースが多く,奨学金まで気が回っていないかもしれません。

 

多くの場合は,入学後に奨学金の申請をするものと思います。学生支援機構奨学金は大学が斡旋します。大体,入学のガイダンス時期に説明会があり,スカラネットといオンラインの申し込みをサポートします。申し込みが連休前で,給付決定は6月以降になると思います。実は,この間が親として精神的に大変です。奨学金に採用される確約はありません。なので,採用されないことも想定していろいろと気を回さなければいけません。私の場合は,採用されないことに備えて生活の質を極端に落としました。今では,学生支援機構奨学金と自治体の奨学金の給付があるので,前の通りの生活とはいかないまでも,遊興にお金を一切使わないということで生活の質は維持できています。

 

学生支援機構の資料を基に,どういう基準で採用,不採用が決まるのかを調べてみるといいと思います。世帯収入,世帯構成などで決まるようです。目安となる収入は資料に掲載されています。また,各大学に採用予定人数があるようで,スカラネットというシステムで受給候補者に順位がつけられ,その順位に従い大学ごとに受給が決定されるようです。私立医学部の授業料は高額なので,その分が採否に影響するかもしれませんが,くわしくはわかりませんでした。とにかく,学生支援機構の奨学金が決まるまでは親としては心が穏やかではありませんので,少し覚悟をしておいたほうがいいかもしれません。

 

学生支援機構2種奨学金の返済

 

学生支援機構2種奨学金は在学中に利息が付かないので利用しない手はないと思います。ですが,卒業後は利息が付き,この額は銀行ローンと大差がありません。奨学金というよりも奨学ローンと呼んだほうが妥当かもしれません。また,親は奨学金の連帯保証人になりますが,返済義務は学生本人になります。医師になれば返せないような大金ではないと思いますが,やはり利息がもったいないので,例えば半分ぐらいを親の退職金で繰り上げ返済するなど優先的に完済したほうが後々有利だと思います。