私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


私立医学部学費の出どころ 医学生修学資金

私立医学部の学費を出すためには

 

3000万円のうち返済のいらない借入金

 

前回の記事で説明しましたが,私立医学部に通うためには6年間で約3000万円のお金が余計に必要になります。余計にというのは国公立大学医学部に合格した場合,あるいは他の理系の私学に通った場合と比べてということです。

 

3000万円のうち1152万円は日本学生支援機構の第二種奨学金を充てるということを前回書きました。

 

私立医学部学費の出どころ 学生支援機構奨学金 - 私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

 

残りを医学生修学資金と銀行ローンで充当しようということです。医学生修学資金についてはすでに何回か書きましたが,大切なのでもう一度書きます。

 

医学生修学資金という返還免除のある貸付金

 

医学生修学資金は修学中に貸し付ける貸与型奨学金のような形をとっています。ところが資金元が指定している医療機関に一定期間,多くの場合は貸付期間の1.5倍,勤務すると返済が免除されるという,変わった形をしています。資金元は多くの場合,地方自治体が多く,医師がその地域に根付くよう資金を提供して働くことを目的としています。貸付額は様々ですが月額10万円から30万円程度まであり,20万円というところが多いようです。20万円を6年間借りるとすると合計1440万円になります。

 

もちろん,学生はその地方で勤務する義務を負うので,「縛り」になります。地域をいとわないで医師になるつもりならば,とても魅力的な制度になります。国公立では似たような制度が入試でも採用されています。いわゆる地方枠と呼ばれるもので,推薦入試,AO入試で,修学資金を利用することを出願条件にしています。よほど医師が地方に定着しないことが問題になっているようです。

 

先日も掲載しましたが,都道府県とその他の機関が提供している医学生修学資金制度をまとめて掲載します。あくまでも参考のために載せます。利用することを考えるのならば,直接確認してください。

 

医学生修学資金 都道府県

機関    制度名         貸与月額
岩手県       医療局医師奨学資金 30万円(私立)20万円(国立)
秋田県    医学生修学資金              15万円
宮城県       医学生修学資金              20万円
山梨県 第一種医師修学資金 5万円
長野県       医学生就学資金貸与      20万円
静岡県       医学修学研修資金            20万円
三重県       医師修学資金                  10万円+α
滋賀県 医学生修学資金 15万円 3学年のみ募集4年間
奈良県       医師確保研修資金            20万円
京都府    地域医療確保奨学金        15万(特定科20万円)
鳥取県 医師養成確保奨学金 10万円
島根県 医学生地域医療奨学金 10万円
宮崎県       医師修学資金貸与          10万円
鹿児島県 医師修学資金貸与制度 年額90万円5,6学年のみ

 

医学生修学資金 市町村病院単位

機関名 月額
仙北市      20万円+800万円(入学金)
一戸町 学納金+2万円
気仙沼市 25万円
筑西市      30万円+1000万円(入学金)
深谷市      30万円 受験前申し込み
糸魚川市  30万円
藤枝市     25万円
東濃西部広域行政組合  20万円+60万円(入学金)
地域医療振興協会  20万円
徳州会グループ 15万円
鳥取市立病院 15万円+28.2万円(入学金)
戸田中央医科 20万円+入学金100万円
豊岡病院組合 12.5(1-4)~17.5万円(5-6年)
西尾市民病院 25万円+入学金100万円
御前崎総合病院 25万円+入学金300万円
森岳温泉病院 10万円
日田病院 15万円
角館総合病院 20万円+入学金800万円
松波総合病院(岐阜) 15万円
市立伊勢総合病院 15(1-4)~25万円(5-6年)
篠ノ井総合病院 20万円