私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


医学生のための修学資金貸与制度

 

私立医学部生には強い味方です

 

私立医学部は疎遠かもしれないが

 

私立医学部に進学するにあたって、学納金の捻出は大きな懸案事項です。すべての学納金を家計から出すことのできる家庭はごくわずかだと思います。そのため学費の安い国公立に受験校を絞ることが一般的かもしれません。もちろん国公立医学部に合格することが一番いいのですが、もしも、受験を失敗した場合、医師の道をあきらめるのでしょうか?

 

昨今、私立医学部の人気は急上昇です。私立医学部とはいえ、国公立大学と同じように最難関であることは変わりありません。私立大学の入試制度・問題はそれぞれにユニークで、一概に偏差値では比較することができなくなっています。受験生には得意不得意があって、国公立に合格しても私立に不合格になる例はいくらでもあります。

 

さて、親としては受験生の子供の進路を経済的な理由で閉ざしてしまうのは何とも情けない感じがします。明らかに、私立の試験のほうがわが子にマッチしていても国公立を進めなければならないということもあるでしょう。

 

医学生のための修学資金貸与制度

 

ここで、医学生向けの就学資金制度を知っていると考え方が違ってくるかもしれません。医学生には多くの就学資金制度が用意されています。入学から卒業まで、月額20万円から30万円も貸与されるものがあります。30万円の支給を受ければ、6年間の総額は2160万円になります。この分を学納金に充てることができれば、私立医学部進学も経済的に無理ではなくなるかもしれません。

 

医学生向けの奨学金の特徴は、多くの場合、奨学金を支給した機関で医師として働けば返還が免除されます。支給期間の1.5倍を義務期間とするところが多いようです。1年の初めから借りるとすると6年の1.5倍の9年間ということになります。もしかしたら、その分子供の将来を制限することなるかもしれないので十分に考え、親子ともども納得する必要があると思います。

 

このような就学資金制度はいろいろな機関が実施しています。代表的なところでは各自治体があります。各都道府県ではおおむねこのような制度を用意しているようです。ただし、出身地・在籍大学・将来の診療科について条件を設ります。

 

私が実際に調べてみたものを表にしました。都道府県が設けている制度の中で、出身地・在籍大学・将来の診療科に条件を付けていない、医学生ならばだれでも応募できるものです。あくまでも参考程度に示しますので、応募される場合は必ずご自身で募集機関に問い合わせて確認をしてください。制度にもよりますが、定員に満たないで数次にわたって募集をかけるものあるようです。

 

都道府県による医学生のための就学資金制度

出身地・在籍大学・将来の診療科に条件を付けないもの

機関    制度名         貸与月額
岩手県       医療局医師奨学資金 30万円(私立)20万円(国立)
秋田県    医学生修学資金              15万円
宮城県       医学生修学資金              20万円
山梨県 第一種医師修学資金 5万円
長野県       医学生就学資金貸与      20万円
静岡県       医学修学研修資金            20万円
三重県       医師修学資金                  10万円+α
滋賀県 医学生修学資金 15万円 3学年のみ募集4年間
奈良県       医師確保研修資金            20万円
京都府    地域医療確保奨学金        15万(特定科20万円)
鳥取県 医師養成確保奨学金 10万円
島根県 医学生地域医療奨学金 10万円
宮崎県       医師修学資金貸与          10万円
鹿児島県 医師修学資金貸与制度 年額90万円5,6学年のみ