私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-10-2 要精密検査 ストレスは恐ろしい 

要精密検査になりました。ストレスのせいだと思います。ストレスは恐ろしい。

 

要精密検査

 

昨日からみぞおちあたりが痛み、今朝出社後我慢できないほどの痛みが胃のあたりに走りました。吐き気も同時にあったので、会社を中退して近くのクリニックで診察を受けました。レントゲン写真を撮って、診察を受けると胃に炎症があるらしく、そのために痛みがあるとのことでした。精密検査を受けてくださいとのことでした。そして、痛み止めの処方箋をもらい薬局で薬を出してもらいました。薬が効いているようで痛みはだいぶ治まってきました。

 

3月からのストレス

 

振り返ってみると3月に子供が私立医学部に進学することが決まり、いろいろなストレスがありました。6年間の生活費を含めると4500万円以上の出費をどうやって捻出しよう、大丈夫か、それが一番大きな悩みでした。銀行ローンは3000万円までの決済が出たので、1500万円を6年間にわけて給与・貯蓄で出すことで支払いの目処は立ちました。ですが、ローンの返済ができるか?定年までのあと10年ですが退職金で返済するとしたら老後はどうなってしまうのか、などの心配が残りました。その後、就労条件をクリアすれば返還免除の修学資金と学生支援機構の奨学金を借りることができましたので、金銭的な問題は一応解決をしました。それでも、お金がぎりぎりなのは事実で、いまでも生活を切り詰めてなるべく節約をしなければなりません。

 

子供が卒業するまで

 

3月にわたしの生命保険を確認しました。どんなことがあっても、子供の学費を払わないといけませんので、私が仮に死亡したとしても卒業できるのかどうかを確かめるためです。どうやら他の保険に入らなくても授業料は十分捻出できそうでした。病気になって働けなくなるとこれも困りますので、毎年受けている健康診断の項目をふやしました。大腸の内視鏡検査です。用心をしたわけです。今回は胃に異常がありそうなのですが、4月にバリウム検査を受けていて、そのときは異常なしの所見でした。これまでのストレスの影響が今になって現れてきたのかもしれません。

 

今度の休日は検査に

 

土日のどちらかを使って精密検査を受けようと思います。紹介してくれた病院は通勤定期の範囲にあり、土日も検査を受け付けてくれます。土日を家で過ごさなくていいことになりそうですので、私にとってはありがたいです。このブログで何度も書いているとおり、女房と顔を合わせるのが嫌で、家の中で顔を合わせないでいい工夫をしています。そんな矢先での痛みです。顔をあわせるといつかはストレスがたまり病気になると思っていました。今回のこともストレスによって胃に異常が起きていると思っています。

 

関連記事

体から悲鳴が 越えてはいけない一線を越えた洗礼

越えてはいけない一線を越えたか 2階への引越し

2階に篭城 トラブルが面倒くさい

今日も女房がいない 菓子パン3つの夕食

生活の分離 家庭内別居

家計の分離 節約が進まない

明日は会社 私のサザエさん症候群

女房子供戻ったが これでは節約が台無し

女房・子供がいない 帰ってくるのか不明 食事の用意なし

休日が憂鬱 1日目土曜日

休みが憂鬱症候群