私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-9-30 今日も女房がいない 菓子パン3つの夕食

今日も女房がいません。菓子パン3つが夕食でした。

 

女房の外出

 

最近女房の外出が多いようです。先日は置き手紙をして実家に帰ったり、子供と一緒に外食をしたり、家を空けること多くあります。女房との仲はあまりよくなく、家庭はうまく行っていません。女房とは沈黙状態が続いています。いつのころか、我が家では黙って外出し、だまって、家に戻る習慣がつきました。夫婦だけではなく、子供もそうしています。外泊するときだけはカレンダーに予定を書いています。

 

女房の外出と食事の用意

 

女房が外出するときには、その間の食事を用意するのが我が家のやり方です。ついこの間その習慣が破れて、女房が留守中の3食を作らずに外出したために、私がこまることになりました。私は料理が本当に苦手で、作るくらいならば冷蔵庫の中の食べられるものを調理しないで食べるほうがましだと思っているくらいです。そのとき女房は子供をつれて外出したので困ったのは私だけです。もしかして、私へのあてつけかもしれません。

 

今日も外出

 

今日会社から帰ってきたら、誰も家にいませんでした。そして、まだ誰も帰っていません。外出するのはよくあることですが、最近は少し度を越えているかもしれません。問題は食事が用意してあるかです。用意をしていなければ、私が何とかしなければなりません。スーパーのお惣菜でも買おうかなと思いました。ダイニングに入って明かりをつけるとありました。テーブルの私の位置に菓子パンが3つだけありました。これを夕食にしろという女房のメッセージです。お惣菜を買いに行ったほうがよさそうです。そろそろ、我慢もやめようかなと思いました。

 

関連記事

生活の分離 家庭内別居

家計の分離 節約が進まない

明日は会社 私のサザエさん症候群

女房子供戻ったが これでは節約が台無し

女房・子供がいない 帰ってくるのか不明 食事の用意なし

休日が憂鬱 1日目土曜日

休みが憂鬱症候群