私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-9-26 休みが憂鬱症候群

2014-9-26 休みが憂鬱症候群と勝手に名前をつけました。

 

休前日の終業間際の会社で

 

金曜日の今日、終業間際の会社のデスクで明日あさっての休日の過ごし方を考えて憂鬱になっています。急ぐ仕事は何もなく、退社しても問題はありません。でも、家に帰る気になれず、いつまでも会社にいます。この状況は休みの前の日の退社がせまると必ずおきます。明日は家で過ごさないといけない。会社で過ごすことのできた平日が毎日続けばいいと思う変な病気です。

 

最近は余り話題に上らなくなりましたがサザエさん症候群というのがありました。日曜のサザエさんが放送される時間帯になると楽しかった休日を思い、ずっと休日が続けばいいのにと思う症候群です。明日からの会社のことを考えると憂鬱になるそのことを言います。休みが憂鬱症候群は私のいまの自分の状態を指しています。サザエさん症候群と同じ機構ですが、休日を懐かしむか、平日を懐かしむという違いがあります。

 

なぜ、休みが憂鬱症候群にかかったか?

 

理由は単純です。女房と1日中一緒に家にいるとストレスがたまるためです。お互いが顔を合わせると非常にストレスを感じます。これが、休みが憂鬱症候群の最大の理由です。そこで、なるべく家で顔を合わせない工夫をし始めました。1階と2階でお互いの居住空間を分離して、まったく顔を合わせる必要がないようにしようと思っています。家庭内別居の実現です。

 

具体的には2階にリビングルームと寝室を作り、お互いの生活空間を分離しようと思って思っています。2階に自分専用のリビングルームをつくれば、休みが憂鬱症候群は完治すると思います。

 

関連記事

寝室がわりの書斎が秘密の中継基地

母親に諭されようが 

家庭のことで実家を巻き込んで

本日最悪

謎の洗濯物 家庭内別居がいい

たぶん気づかれた 飛び石連休の最終日

飛び石連休の真ん中 気づかれたかも知れない

恐怖の飛び石連休2日目 家で修理

恐怖の飛び石連休2日目のすごし方

1日目のすごし方 恐怖の飛び石連休 

恐怖の飛び石連休 どうしよう

2階に専用リビングを 家庭内に自分の居場所を作る