私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-9-17 主寝室の配置 家庭内別居をめざして

2014-9-17 家庭内別居をめざして主寝室の配置を決めます。

 

居心地のいい空間を新たに求めて

 

いろいろな経緯があって家の2階の主寝室を私専用のリビングにしようと行動を起こしています。たびたび書いているとおり、女房と夫婦仲がよくなく、顔を合わせるとプレッシャーを感じるのでなるべく家の中で別々に暮らそうという試みです。上の子供が私立医学部に通うようになったこの春から夫婦仲はとくに悪くなりました。それまで、よく沈黙状態になることがあり、都度改善をしてきました。いまは、お金がないので、休日に家にいることが多くなり、ムードがさらに険悪になってきています。

 

3連休中に女房が何も言わず、置き手紙を残して実家に帰りました。子供を連れていったので、3連休中はひとりきりで家にいました。女房は昨日の昼間に家に戻ってきました。今は何もなかったかのように沈黙を続けています。女房がいない間、自宅の居間で好きなことをしてストレスが解消して行くのがよくわかりました。

 

2階の主寝室を私の居間に

 

夫婦の間でストレスを感じあっているようなので、すこしでも顔を合わせないようにと考えた結果、家庭内別居ということに思いが至りました。1階は居間もダイニング、キッチンも含めて女房のものとして、私は入らないようにしたいと思います。そのかわり2階は私専用として、主寝室に私専用のリビングを作る計画にしました。といっても女房とは相談が成り立つような仲ではないので勝手に自分が決めました。

 

部屋の配置・寸法

 

主寝室は物置状態です。古いベッドが置かれ、今は使われていない私のもの、女房のものが雑然と置かれています。休み中に2階の主寝室の掃除と簡単な片づけをしました。一階の書斎兼私の寝室として使っている部屋からPCと小さな机を移しました。PCが使える状態になりました。それから、なるべく家にいるときは主寝室にこもるようにしようと思っています。2階に移したPCをつかって部屋の中の家具の配置を考え始めました。部屋の寸法をはかって、図面にしているところです。それから、家で余っている家具も寸法を取っているところです。

 

こんなことをしてもまだ女房には気づかれていないようです。気づかれてもさほど関心を示さないと思います。

 

関連記事

家庭内別居をめざして 自分の居間