私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-9-11 8月分の小遣い

2014-9-11 8月分の小遣いをお知らせします。

 

子供が私立医学部に入学しましたので節約を続けています。すこしでも多額の学納金の足しにしようと思っています。昨年の今頃は月に4万円から5万円の小遣いを使っていたと思います。詳しく記録をしていませんので正確にはわかりませんが、気にせずに使っていました。

 

8月分の小遣いの使い道

 

ガソリン代 5030円

 職場の親睦旅行での移動費用

コーヒー代 1400円

 喫茶店打ち合わせ費用(自腹)

交通費 2050円

 

以上、8480円でした。昼ごはんは抜いています。朝多めに食べて、おなかがすきそうなときはご飯をラップにくるんで持っていきます。飲み会、晩酌の類は一切していません。散髪は1000円のところにかえましたが、8月は行きませんでした。これで、3万円から4万円は節約ができています。子供が卒業するまでの5年半はがんばるつもりでいますが、生活に潤いがありませんので何かお金がかからない楽しみを見つけようと思います。


お財布の中身に同じ紙幣が長く残るようになりました。よく見ると紙幣一枚一枚に細かな特徴があります。こんな楽しみ方も面白いかもしれません。