私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-8-29 妻が夫を嫌いになる理由 そんな些細なこと...

2014-8-29 妻が夫を嫌いになる理由ですが、夫にとっては些細なことでした。

 

夫が妻を嫌いになる理由を前の記事で書きました。結局は妻が夫を尊敬しなくなったり、頼りにしなくなったりする結果、妻がとる行動を夫が嫌いになるのだとわかりました。夫が妻の尊敬と信頼を取り戻すことが必要ですが、なかなか簡単にいきそうもありません。

 

では、いったい妻が夫を嫌いになって尊敬と信頼を失うのはどういう理由なのかを調べてみました。夫が妻を嫌いになるのは、ほとんどの場合、夫のプライドを傷つけるようなことでしたが、妻の場合はもっと具体的です。夫にとっては、そんな表面的なことはどうでもいいでしょう。きっと、妻ならばわかってくれる、というようなことがほとんどです。夫にとっては些細なことは、妻にとっては重大なようです。

 

謝らない

 

謝らないことに関してはお互い様だと思うのですが、やはり、プライドが高いために夫が謝らないケースが多くあるようです。とくに、明らかに夫が悪いという場合に謝らないのは、妻には大きなストレスになっているようです。謝らなくても妻ならばわかるだろう、と考えるのは虫が良すぎるようです。

 

ものごとを決めない

 

大切なことさえ決めればあとは妻がきめてくれればいいさ、と思うのはよくないようです。たとえば外食をするときなど、どこでもいい、なんでもいい、というのは禁句です。また、メニューを見ているときせかすのもNGのようです。夫は、どうせ同じような味だから何でもいいだろうと思うのですが、妻はこだわりたいようです。この辺に理由はないので、条件反射的に対応するしか解決法はないと思います。

 

妻の話を真剣に聞かない

 

家にいて、妻からいろいろ話を聞きますが、相談というよりも何かを伝えたいということが多いようです。回答を聞きたいのかと思うとそうでないことが多いので、ついつい、興味がなくなり話を聞くのが億劫になります。そんなとき、なま返事をして、適当に相槌を打って聞いたふりをしています。妻は話を聞いていないことを敏感に感じ、馬鹿にされているようでいらだってきます。もっと一生懸命に聞けばいいのですが、男性にとってはどうでもいいように感じる話題ばかりです。ここは、我慢するしかないでしょう。

 

常にスマホをいじる

 

夫が家の中でスマホをいじっている姿がいやなそうです。とくに子供の前でいじっているのがよくないようです。子供にスマホを禁じていることが多く、その手前父親が子供の前でいじっていることが教育上よくないと言う理屈です。スマホは自室などに限って使うようにすればいいでしょう。

 

洗濯をした後に洗濯物を出す

 

洗濯物は洗濯機がするのだからいつ出してもいいだろう、と思うのはよくないみたいです。洗濯をしてせっかく洗濯物入れのかごが空いて清潔になったのに、汚れものでまた不潔になることが嫌なようです。夫の洗濯物は体臭があり、とくに不潔に感じるようです。休日などに寝過ごして洗濯をした後に洗濯物を出すと面白くないようです。

 

トイレの便座をあげたままにする

 

まず、トイレを汚すことに嫌悪感を持っているようです。トイレ掃除の仕事は妻の仕事ではないようです。汚すのは圧倒的に夫を含めた男性です。小をするときのはねが汚れの原因です。なので、トイレ掃除は夫がまめにやったほうがいいようです。それから、女性にとって、便座の位置は下ろしておくことがデフォルトで、便座をあげておろすのは男性の仕事のようです。私自身は理解していませんでしたので、早速実行してます。

 

こんな些細なこと

 

夫にとっては、こんな些細なこと妻はなんとも思っていないさ、と考えるのですが、妻にとっては許せないことばかりのようです。夫にとっては些細でどうでもいいことですので、間単に対応できることばかりです。そう考えて、実行をするようにしたいと思います。

 

関係する記事のリンクを集めてみました。

 

2014-8-29 夫が妻を嫌いになる理由 よくあること

2014-8-28 仮面夫婦の達人になるために

2014-8-27 目標は仮面夫婦 熟年離婚は難しい

2014-8-27 そうか仮面夫婦という道もある 熟年離婚の前に

2014-8-27 熟年離婚 再考

2014-8-22 食事を一緒に取らない家庭