私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-8-26 代ゼミは不動産業で生き残る という記事がありました

2014-8-26 代ゼミは不動産業で生き残るという記事がありました。

 

ニュースの出所は昨日の夕方のJ-CASTニュースです。リンクを貼ります。

 

代ゼミは不動産業で生き残る 遊休地でホテル、商業施設、貸会議室

 

J-CASTニュースによると代々木ゼミナールは、以前から旧校舎などを活用した不動産業を進めているとのことです。札幌、京都、本部、名古屋各校ですでに事業展開をしていて、それぞれ、解説をしています。

札幌校の旧校舎は貸会議室大手に貸し出されているそうです。代々木にある本部の古い校舎の一部も会議室として貸し出されている模様です。空き施設の有効活用としてよくあることだと思います。

 

もう少し積極的なのが、京都校です。京都校の別館が京町屋風のホテル「カンラ京都」に建て替えられました。「カンラ京都」のオープンには不動産のコンサルティング企業が入った模様です。京都駅近くの学生寮は「ホテルアンテルーム京都」に改装されました。

本部校跡地には、商業施設「代々木ヴィレッジ」をオープンしています。ここにも企画運営会社が入っているそうです。名古屋本館の建物は現在工事中で、ビジネスホテル「名鉄イン」のフロアが大部分を占める予定だそうです。

 この報道を見ると地方に展開した各校舎が駅前の一等地にあることを利用して、不動産、娯楽施設、ホテル業に転換する方針にも見えます。もちろん正式発表がないので憶測の域を出ません。今回の閉鎖では20箇所ですのでまだまだ、駅前の一等地が活用できることになります。駅前の一等地にはにはさまざまな利用がありますので、代ゼミが得意な方法を今後見出していくことと思います。

 

一方で、予備校が不動産、娯楽施設、ホテル業に進出することが容易にできるのかはわかりません。生き残りのたまめの必死の施策かもしれません。代ゼミは学校法人です。不動産、娯楽施設、ホテル業は少し前から過当競争が続いています。

 

駅前の一等地には、その地方の人々の関心が集まっています。地方の発展の一翼を担うことにもなりますので、今度は失敗しないでいただきたいと思います。

 

2014-8-25 予備校について 代ゼミリストラに寄せて

2014-8-24 代ゼミリストラを残念に思う

2014-8-24 代ゼミリストラ 地方格差 Y-SAPIX

2014-8-23 代ゼミがリストラ 受験生減少で