私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-8-24 代ゼミリストラを残念に思う

2014-8-24 代ゼミにはリストラを乗り越えて頑張って欲しいと思っています。

 
いまから、30年以上前の話です。今はもう移ってしまった代々木の駅前にあった代々木ゼミナールの本拠地校舎。たしか、中学2年生の夏季講習に参加したことを思い出しました。もういきさつは忘れましたが、部活の仲間を誘いあって、みんなで窓口に申し込みにいきました。
 
夏季講習に参加したいと親に申し出た時、夏季講習がまだ一般的ではなく一生懸命説明して、講習費用をもらいました。はじめての自己投資でした。当時は代々木から一時間の距離に住んでいて、受験とは無縁の生活でした。
 
講習ではクラスがべつべつになり、まわりは知らない生徒ばかりでした。おそるおそる回りに話しかけると、知らない土地からわざわざ受講しに来ていることをしりました。はじめて、全国ということを意識したものです。
 
当時は自習室がなく、部活の仲間と待ち合わせをして、帰ったものです。そのとき、高校はどうするなどと語り合い、受験というものを強く意識しました。
 
中3の講習は確か駿台にいきました。代ゼミは中2の時だけだったと思いますが、はじめての予備校でした。自分で受験を意識して行動をおこした、自立の一歩をきざんだところです。予備校に関しては、いいも悪いもいろいろな意見がありますが、代ゼミには感謝しています。
 
今回のリストラを乗り越えて頑張って欲しいと思います。