私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-8-20 空の巣症候群 妻版の燃え尽き症候群?

2014-8-20 「空の巣症候群」という妻版の燃え尽き症候群があるそうです。

 

熟年夫婦家庭にはいろいろな症候群があるようです。しらべてみたら、また、見つけてしまいました。私立医学部へ子供を進学をさせてことがきっかけで家庭に歪が出ているようです。関係がありそうないろいろな症候群を調べては解決法を考えています。家庭内症候群にずいぶん詳しくなりました。

 

いままで、調べた症候群は、

 

「主人在宅ストレス症候群」

「家に居場所がない症候群」

「燃え尽き症候群」

 

です。最後の燃え尽き症候群は、受験生だった子供についてではなく、父親である私に関してのものです。

 

燃え尽き症候群の母親版があるようです。これを「空の巣症候群」と呼ぶようです。どうもいろいろな症候群はその立場ごとに名前は変わっても似たようなものがある印象をうけました。もしかしたら、ギクシャクする関係はお互いに似たような症候群にかかり始めているのが原因かもしれません。

 

空の巣症候群とは

 

子供が独立して保護を必要としなくなると、とくに母親は子供の育児に自分の生きがいを感じていて、肩の荷が降りたと同時に言いようのない淋しさを感じるといいます。これがきっかけでさまざまな症状が出ることを空の巣症候群と呼ぶそうで巣。空の巣症候群にかかると、自分の存在意義に虚しさを感じ、抑うつ状態、自信喪失、不安などに襲われ、そこから逃れるために思わぬ行動に出る場合もあるといいます。内交的な性格で、育児、家事にに専念して来た良妻賢母型の専業主婦に多い傾向があるようです。更年期や夫との関係の弱さなどの要因も指摘されています。頭痛、肩こり、不眠などの身体的症状もあらわれるのが特徴のようです。

 

空の巣症候群は子供の大学進学や就職、結婚など、子供が巣立つタイミングがきっかけとなります。自分は家族に必要なくなったという「役割喪失」を感じることが原因になります。 子育てが始まり終わるまでには実に長い期間が費やされ、いざ終わってみると老いた自分に気付きます。子育て中は子供のために気を抜く暇もないほど忙しく大変だったわけです。実際に子供が独立してしまうと自分の存在意義がわからなくなり、心にぽっかり穴が開いたようになるそうです。ちょうど夫が定年退職を向かえ家庭内ですることがなくなることとよく似ています。

 

空の巣症候群の原因について

 

空の巣症候群の原因は、父親の燃え尽き症候群とは違った要因もあるようです。父親の場合の定年退職という節目と母親の場合の子供の独立という節目は非常に良く似ています。空の巣症候群にはこのような要因のほかに本人の更年期によるホルモンバランスの変化などの内的要因があるとされています。

 

内的要因は、空の巣症候群に現れる喪失感や虚脱感、不安感、葛藤状態、うつ状態などを強調するといいます。夫に対する嫌悪感につながる場合もあるようです。とくに夫が家庭よりも仕事を優先させたり、家事や子育てを妻に任せきりだと、妻の気持ちを理解できません。妻は相談する相手もなくなるので、症状はが深刻化し、カウンセリングや心療内科かかる必要も出てくるそうです。

 

空の巣症候群を進行させないために

 

軽ければ、薬や通院は必要がなく、ゆっくり休む、何も考えないなど、リラックスした生活を送れば快方に向かうそうです。子供はいずれ巣立つと考え、できれば巣立つ前に子供以外の生きがいを見つけることがいいそうです。第二の人生を夫婦で楽しく過ごせるようにあらかじめ共通の趣味を見つけていくのもいいようです。

 

慣れればなんとかなると思ってそのままにしておけば進行するそうです。うつ状態が悪化するそうです。考えたり、悩んだりする機会を減らすことがいいようです。子供が独立した後は好きなことができるとプラス思考ができるようになれば解決するそうです。

 

さて、我が家の場合ですが、原因はひとつなのかもしれませんがいろいろな症候群が混ざり合い、複雑なことになっていそうです。幸いなことにどちらも抑うつ状態にはなっていないので、何とかなっています。この先、夫婦が家族の最小単位だと考えて行動をともにしたいと思いますが、うまくいくかどうかわかりません。お互いに共通な趣味はありません。しいて言えば、海外旅行などは二人とも好きです。

 

でも、経済的に厳しい状況なので、海外旅行ではなく何かほかの楽しみを見つけていくことになりそうです。