私立医学部受験ローンと奨学金で入学させた親のブログ

フツーのサラリーマンが子供を私立医学部を受験、入学させました。子供には最高の教育と将来をプレゼントできますが、高額の銀行教育ローンを組んだ親の将来計画が見えなくなりました。でも、フツーのサラリーマンでも子供を私立医学部に入学させることができるんです。


2014-8-10 夫源病とも言う 主人在宅ストレス症候群

2014-8-10 主人在宅ストレス症候群は夫源病とも言うそうです。 

 

女房に関しては私がストレスを与えているようですので。日曜日の今日はなるべく顔を合わせないようにして自室に閉じこもっています。閉じこもるだけでは退屈ですので、新しく知った主人在宅症候群のことを詳しく調べてみました。調べてみると私が知らなかっただけで、どこの家庭でも問題になりそうなことだとわかりました。

 

夫源病の正体は?

 

この症候群は別名夫源病というそうです。わたしにしてみればこの言い方は結構ショックでした。つまり原因は間違いなく夫である私ということになるからです。夫源病とされている主人在宅ストレス症候群は、その名の通りならば私が家にいることによって、女房にストレスがかかり発症する病気です。私が家にいては症状が進むということでしょう。

環境にも影響されるようです。女房はこれまで一日中家にいて、その間に自分にとって快適になるように心身ともに繰り返し調整をしてライフスタイルを作ってきています。それが突然の環境の変化があると対応が取れなくなり主人ストレス症候群を引き起こしやすくなります。我が家の場合は、上の子供がアパート暮らしを始めたことと、私が休みの日を家で過ごすようなったことが変化になりました。また、女房にとっては就職をしてすぐに辞めたことも響いています。

症状はさまざま

 

症状はさまざまですが、主なものは

 強いイライラ感

 高血圧

 動悸、息苦しさ

 頭痛

 肩こり

 消化器潰瘍

 下痢、便秘

などです。詳しくは聞いていませんが、態度からみると相当なイライラ感があるようです。

 

主人在宅ストレス症候群の予防と治療法


予防は慣らしていくことのようです。夫が一日中家にいるような場面があっても、なるべく外出するようにすること、また、顔をあせる回数、時間も徐々に増やしていくといいそうです。私はまだまだですが、定年退職の日が間近の場合は、一日中家にいる日を調子のいいときに作って、予行演習をしてみると慣れるようです。

夜はとくに家の外にいる必要はないですが、昼間は外で自分だけの楽しみを何でもいいから見つけて外出することが、本質的な解決方法のようです。症状が悪化しそうな場合は、精神科、心療内科などに妻だけでなく夫婦一緒に受診し解決する必要があるようです。心身の不調が2週間続くようならば受診の時期だそうです。